ゴートミルク インフォメーション

特徴

 ミネラル・電解質・微量元素・ミネラルなどが豊富に含まれています。
これらはエネルギーやたんぱく質、酵素を作るのに必要です。
また脂肪球は小さく、胃の中でもタンパク質が凝固しにくいという特徴を持っています。
そのため、消化器官が弱く下痢や便秘をおこしやすい人、牛乳や豆乳を飲むとお腹をこわす人、アレルギー体質の人、病気などで体力が落ちた人でも比較的容易に消化吸収できます。

この製品は、それらの人間用に用意されたものですが、犬猫にも非常に良い結果が得られます。
また、普通のミルクや犬猫ミルクを飲めない犬猫でも、ゴートミルクは飲むことができるという報告も多数あります。
体力が落ちている犬猫には、簡単な栄養補給方法として使用することもできます。

ビタミン・ミネラルが多い理由
 牛は牧草を常食としますが、ヤギは草だけでなく木の葉や樹皮、低木なども食べるためです。
それでどんな家畜よりも多くの微量元素(有機体内に発見され、生理過程に重要な鉄、亜鉛、銅などの元素)と、多種多様の栄養素を取り入れているのです。

牛乳と比べての成分比
タンパク質 107%
脂肪 109%
ミネラル 114%
カルシウム 120%
ビタミンB2 280%
カリウム 120%
ナイアシン 300%
さらに塩化物銅、マンガンなどのミネラル等のミネラルもバランスよく含まれています。

 オーストラリアでは、ザーネン種、アルパイン種など温帯地方を原産とする山羊から、ミルクを生産しています。
ゴートミルクは、1日に1頭の山羊からわずかに1リットルしか搾ることができないため、大変貴重なものでありながら、かつ1年に2-3ヶ月ほどしか搾乳できないため、年間を通して安定して入手することが難しい製品です。
このように年間通して生産できないため、多くの畜産業者では生産効率をあげるために、1年で2回、あるいは2年で3回人為的に妊娠させるという交配・分娩時調整をしています。
この季節外繁殖によって生産効率を高め、1年を通して搾乳しているのが実情です。人為的な季節外繁殖を行う方法として、人工光源により日長時間を調節する方法や、光感受性に関わるメラトニンを投与する方法もありますが、多くの場合、ホルモン投与による発情誘起が、より実際的な方法として行われています。ホルモン剤としては、性腺刺激ホルモン(FSHまたはPMSG)や山羊用黄体ホルモン(CIDR-G)などが使われています。

 これらの人為的なホルモン製剤を一切使用しない「自然放牧飼育」をし、ビタミン・ミネラルを豊富に含むアルファルファを中心に与えています。
木の実も食べさせます。
もちろん、農薬・ホルモン剤・抗生剤等は一切与えていません。
このため年間を通しての生産量が少ない希少なものですが、薬物やストレスを与えないヤギから搾取された安全なミルクを使用しております。

成分保証値
100g中 エネルギー 510kcal
水分 2.3g、タンパク質 26.1g、脂質 27.5g、炭水化物 37.4g、灰分 6.7g、ビタミンA効力 810IU、ビタミンB1 1.39mg、ビタミンB2 0.8mg、ビタミンB6 0.34mg、ビタミンB12 0.44ug、ビタミンC 1mg、ビタミンD 25IU、ビタミンE 0.3mg、亜鉛 3300mg、カリウム 1600mg、カルシウム 1100mg、リン 810mg、ナトリウム 300mg、マグネシウム 110mg、銅 100mg、鉄 0.2mg、レチノール 240ug、カロチン 1ug、ナイアシン 2.3mg、パントテン酸 2.34mg、葉酸 197ug、食塩相当量 0.8g

標準組成 100gあたり
粗タンパク質 25%
粗脂肪 29.3%以下
粗繊維 0.1%以下
粗灰分 6.0%以下
水分 5.0%以下

HOME |店舗案内 |ご購入方法 |ご相談フォーム |お役立ち情報 |お客様からのお便り |
キャットフード |ドックフード アズミラサプリメント |SGJサプリメント